aga治療方法

AGA治療とは

最近よくTVCMなどでも耳にする「AGA(エージーエー)」とは、

 

「Androgenetic Alopecia」の略で、

 

日本語では、男性型脱毛症(男性ホルモン型脱毛症)といわれるものです。

 

このAGAは、薄毛の原因の90%以上とも言われていますので、

 

薄毛でお悩みの方は、まずAGA(男性型脱毛症)の治療を検討されることをお勧めします。

AGAの症状としては、前頭部(額の生え際)から薄毛になっていくパターン、

 

頭頂部(頭のてっぺん)の髪が薄毛になっていくパターン。

 

以上の両方が同時に薄毛になっていくパターンがあります。

 

ちなみに、男性型脱毛症といっても、男性だけが発症するわけではなく、

 

女性のAGA(女性男性型脱毛症 FAGA)というのもあり、

 

特徴としては、髪の毛が全体的に薄くなったり、抜け毛が増えてきて、

 

全体的な髪のボリュームが減ってしまうという症状が一般的です。

 

AGA(男性型脱毛症)の原因として、現在わかっているのは、

 

男性ホルモン、特にジヒドロテストステロン(dihydrotestosterone, DHT)が

 

髪の毛を成長させる細胞の働きを弱めてしまうこと。

 

そして、もう1つは、遺伝もAGAの原因の一つであると言われています。

 

ですので、AGA治療の第一歩は、大きな原因の1つであるDHT(ジヒドロテストステロン)

 

の働きを抑制することが必要になります。

 

このために、有効なのが、フィナステリド(プロペシア)の服用、

 

ミノキシジル(リアップ)の塗布などによる治療法となります。

 

フィナステリド(プロペシア)とは、世界60ヶ国以上で販売されている、

 

最強の「経口育毛剤」との呼び声が高いAGA(男性型脱毛症)の治療薬で

 

『飲む育毛剤』といわれています。

 

フィナステリド(プロペシア)は、男性型脱毛症の原因物質である

 

DHT(ジヒドロテストステロン)の産生を制御し、

 

脱毛量の減少と軟毛の成長を促す効果があります。

 

ミノキシジル(リアップ)は、脱毛抑制のプロぺシアとは異なり、

 

直接毛母細胞に働きかけ、毛母の細胞分裂を活性化させ、髪成長を早める働きをします。

 

AGA治療の専門クリニックでは、AGA(男性型脱毛症)や頭髪疾患に対して

 

市販薬より濃度が高いミノキシジルを患者さんの状態に合わせて積極的に処方し、

 

フィナステリド(プロペシア)と併用して使用するなどして、治療効果を上げています。

 

フィナステリド(プロペシア)、ミノキシジル成分による薄毛治療は、

 

専門の医師にご相談いただくことが、解決への近道です。

 

AGA治療専門クリニックでは、無料カウンセリングを行っています。

 

ご興味のある方は、まずは無料カウンセリングをご利用してみてください。