aga治療方法

AGA(エージーエー)の原因

AGA(エージーエー)の原因についてお話します。

 

AGAで悩む人は、現在、全国で1,260万人とも言われています。

 

 

その一般的な症状としては

 

・だんだんと額が後退してくる
・頭頂部が薄くなる

 

などの症状が特徴的です。

このような髪の変化は

 

「20代前後から始まって、35歳までには、
約40%の男女に何らかの脱毛の症状が現れる」

 

とのことです。

 

AGAには特異的な脱毛パターンがあり、

 

額の生え際や頭頂部の髪が薄くなっていき、

 

薄毛が進行していくというものです。

 

(頭髪全体が薄毛になるのではない)

 

 

では、AGAは一体なぜ起こるのでしょうか?

 

一般的には
・遺伝
・男性ホルモンの影響

 

などが主な原因と考えられているのですが、

 

AGAの最も大きな原因と推定されている男性ホルモンは

 

ジヒドロテストステロンと言います。

 

これは、男性ホルモンの「テストステロン」が

 

「5αリダクターゼ」という還元酵素の働きで変換されたものです。

 

この「ジヒドロテストステロン」が

 

毛乳頭細胞にある受容体に結合することにより、

 

髪の成長を抑制してしまう と言われています。

 

また、その他の さらなる理由として

 

ヘアサイクルの乱れも考えられています。

 

私たちの髪は、「ヘアサイクル」に基づいて

 

毎日、少しずつ成長します。

 

AGAは、このヘアサイクルの乱れが原因で起こってしまい、

 

毛髪が太く長い毛に成長しないうちに抜けてしまいます。

 

その結果、充分に成長していない細く短い毛髪が多くなり、

 

髪全体として薄毛が目立つようになるのです。