aga治療方法

AGA治療は保険が適用される?

男性型脱毛症といわれるAGAは、今までただの抜け毛だと思われていたものを病気の症状として認識した呼び名です。そのAGAの治療は、専門機関で受けることができるようになっています。

 

しかしそのAGA治療で保険を適用することができないとされています。その理由としては、AGA治療というのは、絶対にしなければいけない治療、命に関わる治療ではなく、自分の都合で受ける自由診療になるからです。

美容整形などが保険を適用されないのと同じように、特にやらなくても、身体的に大きな異常が出てくるわけではありません。そのため保険を利用することができないようになっています。

 

保険を利用することができないため、治療を受けることができるのは極一部の人かというと、そうでもありません。保険適用されないので、お金はそれなりにかかってきてしまいますが、平均して一ヶ月に2万円から3万円ほどで受けられることが多いようです。

 

そのためAGA治療について、専門機関に相談し、治療をすることは、比較的無理なくすべての方が受けることのできる治療です。

 

AGA治療に利用されることが多いプロペシアなどは特定の方法を利用すると、個人で入手することができますが、偽者であったり、逆に高くなってしまったりと、安全性、信頼性の面で不安要素が強くなります。

 

そのため、専門機関で治療を進めていくことをおすすめします。専門機関であると単に薬を服薬するだけでなく、カウンセリングを受けることが出来ます。それによって原因を特定し、AGA治療と同時に、日常生活の中の環境改善を図っていくことになります。より根本的な治療をすることができる可能性があり、メリットは多くなります。

 

保険適用外になるので、ある程度初期費用はあったほうが、余裕をもって治療していけます。資金を溜めてから、治療に臨んでいくのも良い方法です。