aga治療方法

AGA治療に必要な期間ってどのくらい?

AGA治療は治療ということで、ある一定期間治療をすれば、それで良いと考えてしまう人も多いのですが、AGAの治療期間はいってしまえば半永久となります。

 

というのもAGA治療の効果は、はじめてから半年ほどで効果が出てくることが多いのですが、その後、治療を止めてしまうと、治療の効果は消えてしまいます。

AGA治療として有名なプロペシアやミノキシジルなども、服薬をやめてしまうとまた元通りに戻ってしまう可能性が高いということです。そのため治療するのに、期間はあまり考えず、正しく長期的に服薬していくことを意識していったほうが良いです。

 

当然期間が半永久的であれば、それだけお金もかかってしまうことになります。それも理解した上で、治療を始めるかどうかを決めていったほうが良いです。

 

AGA治療として効果が出てくる期間がだいたい半年ほどといわれていますが、これには個人差があります。また無限に髪の毛が増えていくということでもなく、1年ほど経過した時の、髪の毛の量が最大量と考えておく必要があります。

 

1年を過ぎていくと、AGA治療は、髪の毛を増やすというよりも、その時点である髪の毛の量を維持することが大きな目的になります。このあたりで勘違いをしてしまうと、1年過ぎたあたりから、効果がないと思い、治療を辞めてしまうこともあります。

 

治療をやめてしまえば当然元に戻ってしまい、それまでの治療が無駄になってしまう場合もあります。半年、1年をAGA治療の期間では重要ポイントとして理解しておくことをおすすめします。

 

効果がどれくらいで出てくるかは、あくまでも目安です。半年よりも早く出てくる人もいれば、遅く出てくる人もいます。一番良くないのは、効果が出ないからといって、すぐにやめてしまうことです。