aga治療方法

AGAの遺伝子検査について

「最近、(髪が)薄くなってきたような気がする。もしかしてAGA?いや、違うかも」と どちらなのかわからず、悩んでいる方が多いかと思います。

 

また、現時点で(今、現在)はフサフサでも

 

「お父さんやおじいちゃん、その他親戚にハゲが多いんだけど、自分は大丈夫なのかな…」

 

と未来のご自分の姿を想像して、不安になっている方もいるでしょう。そのような方は一度、「AGA遺伝子検査」を受けてみては?

AGA治療の専門的クリニックの中には「AGA遺伝子検査」を診断提供の医院もあります。

 

「ご自分の薄毛はAGAによるのかどうか」や「将来AGAになる可能性はどうか」「もし将来AGAの場合はフィナステリド(プロペシア)による治療が有効かどうか」などを、検査によって診断可能です。

 

AGA遺伝子検査は、(被験者)自身の”DNA”を採取して行います。DNAは細胞の核の中に存在、身体のどの細胞を採取しても遺伝子情報は同じです。

 

また、たとえば血液検査のようにその時の体調などに左右されず、生涯変わらないものです。

 

なので、いつ・どこで・どんなコンディション体調や調子のときに採取しても結果は変わりません。

 

一生に一度、検査を受ければ、基本的にその結果は将来ずっと変わらないということです。