aga治療方法

AGAの初期症状とは?

「AGA」という言葉を聞いたことがあるという方も最近では多いのではないでしょうか?AGAは「エージーエー」と呼ばれているもので、正確にはAndrogenetic Alopeciaという名称がついています。

 

Androgenetic Alopeciaではあまりにも長いため、AGAと略して呼ばれています。このAGAとは、日本語でいうと男性型脱毛症のことを指しています。髪の毛が薄くなったり抜けたりと、男性ならではの悩みである脱毛症の全般をこう呼んでいます。

このAGAには初期症状というものがあります。このAGAの初期症状は、若い世代の人でも十分に起こる可能性があるのです。初期症状としては、いくつかの症状があるといわれています。

 

例えば、脱け毛が多くなってきた気がしたり、髪の毛のボリュームが減って、これまでのようなヘアセットができなくなったりというケースが多いようです。この他にも、髪の毛が薄くなって頭皮が前より透けて見えている気がする・・・など色々な初期症状が存在しています。

 

自分にしかわからない程度の変化の場合もありますし、周りから見ても変わったとわかる程の場合もあります。

 

AGAは進行性のものであり、初期症状からさらにひどくなることもあるのです。最初はなんとなく髪の毛が薄くなっているような気がするなと思っていても、そこからどんどん進行していき薄毛が悪化してしまうというのは珍しいことではありません。

 

そんな急激な悪化を避けるためにも、初期症状の段階で何かしらのAGA対策をすることは大切なことなのです。初期症状と呼べるうちに対策をとるのととらないのでは、その後の進行状態もかなり変わってくるといえるのではないでしょうか。

 

男性の場合は日頃から、AGAの初期症状を見つけるためにも髪の毛のチェックはしておいたほうがいいでしょう。